• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 残念。「iPhone SE2」はマイナーアップデートもしくは発売されないかもって話。

残念。「iPhone SE2」はマイナーアップデートもしくは発売されないかもって話。

昨年末からの情報では、「iPhone SE」の後継機種である「iPhone SE2」は、「iPhone7」のデザインをベースとした上で、CPUの強化などに留まり、「iPhone X」のようなベゼルレスデザインなど最新機能は搭載されないと予測されています。詳細は「「iPhone SE」の後継機種「iPhone SE2」は登場するのかって話。」をご参照下さい。

ただ「ディスプレイサイズ」に関しては、「4.2インチ」に拡大され、さらに発表時期は「3月」になるとの情報もあります。詳細は「「iPhone SE2」は3月に発表で「4.2インチ」のディスプレイを搭載かもって話。」をご参照下さい。事前情報通りであれば、発表時期が近づいているにも関わらず、有力なリーク情報がでてきていませんが、今回GSM Arenaが、「iPhone SE2」が発表されない可能性があると報告しているのでまとめたいと思います。



「iPhone SE2」は発表されないかも。

 

さて今回の情報によると、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストMing Chi-Kuo氏が、Appleは、新しく追加されるという「6.1インチ」の「iPhone」の開発に注力しているため、「iPhone SE2」の開発にさけるリソースがないとしています。

2017年には「iPhone8」シリーズと「iPhone X」で発売時期が約1ヶ月程度ずれましたが、Appleとしては、2018年に発表される3つの新型「iPhone」の発売時期をずらしたくないとしており、そのために「iPhone SE2」のためのリソースがないとしています。

このことからも最悪の想定として、「iPhone SE2」は発表されない可能性があるとしています。しかしながら「iPhone SE2」が発表されなかった場合、マイナーアップデート版が発表される可能性はあるとしています。先日の情報でも「iPhone SE2」はマイナーアップデート版になると予測されています。詳細は「「Xperia XZ2 compact」と「iPhone SE2」。今年は「Xperia」が軍配があがりそうって話。」をご参照下さい。

ただこの情報と異なるのが、原価コストの上昇を抑えるために、「背面」に「ガラス」が採用される可能性は低く、つまり「ワイヤレス充電」に対応する可能性は低いということです。「エントリーモデル」の立場ではありますが、やはり長らくアップデートをしないというのはAppleとしても避けたいところですし、ユーザーとしても避けて欲しいところだと考えることができます。

また「iPhone SE」の発売当初、Appleは原価率の低下を避けるためにわざと品薄状態にしていたという話もあります。このことからも、次期「iPhone SE2」にそこまで注力することはないと推測することができるため、マイナーアップデート版に留まる可能性が高いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧