• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iPhone X」の販売不調が原因に。Appleが次期「iPhone」の計画を変更したって話。

「iPhone X」の販売不調が原因に。Appleが次期「iPhone」の計画を変更したって話。

事前情報では、2018年に発売される次期「iPhone」は、「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルが2つと、「液晶」を搭載したモデルが2つになると予測されていました。詳細は「2018年に登場する次期「iPhone」の噂をまとめてみたって話。」をご参照下さい。

Appleとしては、「有機ELディスプレイ」の搭載など、高付加価値・高単価の「iPhone X」の販売をより強化したと考えていたようにも見えますが、先日の情報では、史上最低クラスの売り上げになると予測されていた「iPhone8」より売れていないことが判明しています。詳細は「「iPhone X」は「iPhone8」シリーズより売れていないかもって話。」をご参照下さい。

今回MacRumorosが、「iPhone X」の販売不調の影響も受けているのか、Appleが次期「iPhone」のラインナップの計画を変更したと報告しているのでまとめたいと思います。



有機ELディスプレイモデルは1つに。

 

「iPhone X」の販売不調を裏付けるからのように、先日の情報では今年の夏頃には生産が中止になるとされています。詳細は「短命。「iPhone X」は夏頃に生産中止になるって話。」をご参照下さい。さて今回の情報によると、Appleは「有機ELディスプレイ」の搭載モデルを「1モデル」に限定し、「液晶」をモデルを2つにするとしています。

厳密に言えば、現行の「iPhone X」と同じ「5.8インチ」モデルと、新しく「エントリーモデル」として追加が予測されている「6.1インチ」モデルは「液晶」を搭載するとしており、一方で俗称「iPhone X Plus」という「6.5インチ」のモデルが「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されています。

先日の情報では、「iPhone X Plus」は「LG」製の「有機ELディスプレイ」を採用する可能性が高いとされていることからも今回の情報とまだ相違はありません。詳細は「俗称「iPhone X Plus」のサプライヤーは「LG」になるかもって話。」をご参照下さい。

ディスプレイの差はあるにしろ、これら3モデルは事前情報通り、「Face ID」や「ワイヤレス充電」は共通して採用されると予測されています。ただ今回の情報をみる限りでは、「iPhone X Plus」が最上級モデルとして登場する可能性が高いと予測することができます。

やはり「iPhone8」シリーズが「iPhone X」より売れているのは、その「価格」の安さが要因だと考えることもできます。そのことからも、Appleは可能な限り、「本体価格」の上昇を抑制するために、「5.8インチ」モデルに「液晶」を採用すると考えることもできます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧