• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「iOS11.3」から次期「iPad」に「Face ID」の搭載を示唆する内容が見つかったって話。

「iOS11.3」から次期「iPad」に「Face ID」の搭載を示唆する内容が見つかったって話。

2017年に発売を開始した「iPhone X」は、Appleの発言通り「今後10年を見通したもの」になるとされており、先日までのリーク情報でも、2018年に発売される新型「iPhone」は「iPhone X」のデザインがベースになると予測されています。詳細は「短命。「iPhone X」は夏頃に生産中止になるって話。」をご参照下さい。

また、「iPhone」に採用された技術は、他のApple製品に採用される可能性が非常に高く、先日までの情報では次期「iPad Pro」にも「Face ID」が搭載されると予測されています。詳細は「2018年に登場する次期「iPad Pro」の噂をまとめたって話。」をご参照下さい。

今回、リーク情報を裏付けるように、MacRumorsが、次期「iPad Pro」に「Face ID」が搭載される可能性がさらに高くなったことを報告しているのでまとめたいと思います。



「iPad Pro」に「Face ID」を搭載へ。

 

さて今回の情報によると、一足先に開発者向けにβ版が公開されている「iOS11.3」の中から、次期「iPad Pro」に「Face ID」の搭載を示唆した内容があることが判明したとしています。

 

 

上記のTweetは、それぞれ有名な開発者達によるものであり、今回のβ版の中には「「iPad Modern」」が記載されていることから次期「iPad Pro」に「Face ID」が搭載されると予測しています。なぜなら、以前には「iPhone Modern」と記載されているコードが見つかっており、このコードの招待が「Face ID」を搭載した「iPhone X」だったと判明しているからです。

Apple関連のリーカーとして非常に有名なKGI証券のアナリストであるMing Chi Kuo氏も今年は「Face ID」を搭載した新型「iPad」が登場すると報告していることからも、「Face ID」の搭載はほぼ間違いないと考えることができます。ただそれ以外のスペックに関しては判然としない状況にあります。

ただ「ディスプレイ」に関しては、原価コストや、供給体制の面から、「有機ELディスプレイ」を採用する可能性は低いとしています。またデザインに関しても、「iPhone X」のように「ノッチ」スタイルになるのか、それとも均等なベゼルになるのか判然としません。

ここ近年において、「iPad」は3月もしくは、「6月」に登場しています。つまり、今年の上半期に「Face ID」を搭載した新型「iPad」が登場すること考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧