Samsungがイベント招待状配布。「Galaxy S9」が2月25日に正式発表って話。

SamsungはすでにMWC2018の期間中に次期「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」を発表すると公言していましたが、今回Phone Arenaによると、Samsungが関係メディアに、「2月25日」にイベントを開催する旨の招待状を配布したことを報告しています。

今回は、配布されたイベントの招待状と、「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のリーク情報を改めてまとめてみたいと思います。ちなみに今後のスケジュールに関しては「「Galaxy S9」シリーズの「発売日」が「3月16日」かもって話。」をご参照ください。



イベントの招待状を正式配布。

 

今回配布されたイベントの招待状が上記の画像になります。まず、「2月25日」にアンパックを開催することが確認することができます。また右上に「Galaxy」と書かれた上で、中央に大きく「9」と書いてあることからも「Galaxy S9」と「Galaxy S9 +」の発表を示唆していると考えることができます。

また招待状には「カメラ」の文字を確認することができます。先日までの情報でも、次期「Galaxy S9」はシングルカメラながら「F1.5/F2.4」の可変式絞り機能に対応しており、一方で「Galaxy S9+」は「S」シリーズでは初の「デュアルレンズカメラ」を搭載するとされています。詳細は「「Galaxy S9+」はカメラが特色でRAMは「6GB」搭載って話。」をご参照ください。

このことからもSamsung自体も「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の最大の特徴は「カメラ」だと自負していると考えることができます。また例年であれば、Samsungは「Galaxy」シリーズでも販売国を限定した上、様々なバージョン違いを発売していますが、先日には「RAM」が「4GB」でストレージが「64GB」のバージョンの化粧箱がリークしており、大方のスペックも判明しています。詳細は「「Galaxy S9」の化粧箱がリーク。スペックが判明したって話。」をご参照下さい。



事前情報通りであれば、「デザイン」に関しては大きな変更はないと予測されており、簡単にいえば、「Galaxy S8」のマイナーアップデート版になると予測されています。もちろん「インフィニティディスプレイ」を初めて搭載した「Galaxy S8」シリーズ程のインパクトはありませんが、逆にいえば、「Galaxy S9」は「スペック」・「デザイン」の面でより完成度が増したモデルと考えることができます。

価格に関しては詳細な情報がリークしていませんが、以前、Samsungの幹部クラスが10万円以内に「Galaxy S8」の価格を抑えたかったと発言していることからも、「10万円前後」の価格に設定してくると推測することができ、極端に高くなるような価格設定にはならないと考えることができます。

正式発表までちょうど1ヶ月となり、そろそろ詳細な実機画像がリークしてもおかしくない時期です。日本でも夏モデルと発表される可能性が高く非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日本発売モデルには関係ない?「Galaxy S9」の深刻な電池持ちの悪…

  2. 「Galaxy S9+」はカメラが特色でRAMは「6GB」搭載って話。…

  3. そこまでの進化はない?「Galaxy S9」の予約開始日と発売日が判明…

  4. 「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」は「3月8日」より発売…

  5. 大きな分かれ道。「Galaxy S9」は過去最低。「iPhone X」…

  6. 「Galaxy S9」は最高のスペックとカメラを搭載するかもって話。

  7. 「Galaxy S9」の「スローモーション」撮影は「Xperia XZ…

  8. 「Galaxy S9」のせいだって。「Galaxy Note9」は7月…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Galaxy

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. iPhone

  3. iPhone

  4. iPhone

  5. iPhone