• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 次期「Xperia」にも。JDIがガラスベースの「指紋センサー」を開発したって話。

次期「Xperia」にも。JDIがガラスベースの「指紋センサー」を開発したって話。

先日までの情報からも、次期「Xperia」の「ハイエンドモデル」すべてにおいて、従来の「電源ボタン」に統合された「指紋認証」は廃止となり、「背面」に搭載されると予測されています。詳細は「次期「Xperia」のハイエンドモデルも大きなデザイン変更なしで背面に「指紋認証」搭載かもって話。」をご参照下さい。

まだ具体的な情報はありませんが、言い換えれば、「iPhone X」のようにSONYは「指紋認証」を廃止して「顔認証」や「虹彩認証」の一本化にする予定はないと考えることができます。ただ先日の情報では、「Xperia XZ Pro」には「虹彩認証」が搭載されると予測されています。詳細は「虹彩認証に4色展開に?「Xperia XZ Pro」の詳細なスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回、次期「Xperia」も深い関係があるとされているジャパンディスプレイが、「ガラス」ベースの「指紋センサー」を新たに開発したことをXperia Blogが報告しているのでまとめたいと思います。



「ディスプレイ統合型指紋センサー」へ。

 

さて今回の情報によると、ジャパンディスプレイは、従来の「シリコン」ベースではなく、「ガラス」ベースの指紋センサーの開発に成功したとしています。またこの技術は現在のスマートフォンにも適用することが可能としており、何度も噂されている「ディスプレイ統合型指紋センサー」につながると考えることができます。

ジャパンディスプレイは、2019年3月には商用化を開始するとしていることからも、それ以降に登場する次期「Xperia」において「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載が期待されます。今回の技術では、「ガラス」に指がタッチする際の「静電気」によって認証する仕様になっているとしています。

また、個人の指の「指紋の凹凸」も十分に認証できる精度となっているとしています。「ディスプレイ統合型指紋センサー」は長らく次期「iPhone」で搭載されると2016年から予測されていましたが、実際に登場した「iPhone X」には搭載されておらず、「顔認証」のみとなりました。

一方で追従するかのうように、Samsungも「Galaxy Note8」などへの搭載を計画していたようですが、ディスプレイの「光量」の観点から問題があり、まだ実用化にはいたってません。しかしながら、CES2018では、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載した機種も発表されており、今後この流れは加速すると考えることができます。

Samsungは「Galaxy」シリーズに「指紋認証」とは別に「顔認証」や「虹彩認証」を搭載していますが、事前情報では「指紋認証」を強化していくと予測されており、一方で「顔認証」のみを搭載している「iPhone X」が「iPhone8」より評価が低い理由の一つとして、その認証制度が挙げられます。

このような状況下で、SONYは「Xperia」にどちらへの舵をとるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧