機種変更したほうがいいかも。「Xperia Z5」シリーズは「メルトダウン」用パッチのアップデートはないって話。

昨年の夏頃から正式に配信を開始した「Android8.0」ですが、SONYとしては「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 compact」が世界初の「Android8.0」を標準搭載したスマートフォンとして発売されました。

一方で「Xperia X performance」までのハイエンドモデルに関しては順次アップデートが配信されており、特に直近では「Xperia XZ premium」には「カメラの歪み」の修正パッチも包括されていたため大きな話題となりました。詳細は「「Xperia XZ premium」新色「Rosso」は「Android8.0」を標準搭載するって話。」をご参照下さい。

ただ発売から約2年の「Xperia Z5」シリーズは「Android8.0」のアップデート対象外になっており、さらに月例のセキュリティパッチのアップデートも対象外となっています。さらに追い打ちをかけるように、今回Xperia Blogが大きく話題となっている「メルトダウン」と「スペクター」用のアップデートをSONYが「Xperia Z5」シリーズには行わないと報告しているのでまとめたいと思います。



「メルトダウン」と「スペクター」

 

まず大きな話題となっている「メルトダウン」と「スペクター」を簡単に言うと以下のようになります。

コンピューター・アーキテクチャーの本質的な欠陥により、プロセッサーのもっとも深いレベルに位置する重要情報へのアクセスが可能になる。

この「メルトダウン」と「スペクター」の対象となるのは、1995年以降に発売されたすべてのCPUに該当するとされています。つまり、「Androidスマートフォン」のすべては攻撃対象になると考えることができます。だからこそ、各メーカーの対応が注目されている中、今回の情報によると、SONYは以下のようにTwitterで反応しています。

 

 

少なくともTwitterの内容を確認する限り「Xperia Z5 premium」は「メルトダウン」と「スペクター」用のアップデートをしないと考えることができます。また同じファームウェアとなっている、「Xperia Z5」や「Xperia Z5 compact」、さらには「Xperia Z3+」、「Xperia Z4 tablet」まで対象外になるとされています。

逆に言えば、最新の「Xperia」は対応する可能性があるとしていますが、どこまでが最新に該当するのか非常に気になります。言葉通りで考えれば、「Xperia XZ1」や「Xperia XZ1 compact」の世代のみとなります。この仮定が正しければほとんどの「Xperia」は重大な脆弱性を抱えたままになると推測することができます。

ユーザーとしては、正直なところ、重大な脆弱性を抱えた状態での使用を避けたいところですが、こればかりはSONYの対応を待つばかりです。またMWC2018では「Xperia XZ Pro」などの最新機種の発表が予測されています。詳細は「「Xperia XZ Pro」は3色展開で、価格も10万円以下になるかもって話。」をご参照ください。これら最新機種が最初から対応しているかも非常に気になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 進化?退化?IFA2018で「Xperia XZ3」含めた3モデルが発…

  2. 2世代を超えてもその存在には到底敵わない。「Xperia XZ pre…

  3. どちらを購入しますか?「Xperia XZ2 Pro」と「Xperia…

  4. やはり「5G」はSonyの今後の命運を大きく占う。「Xperia XZ…

  5. 2018年に登場する次期「Xperia」のハイエンドモデルは5つある?…

  6. 「進化」と「変化」を融合させた独自のベゼルレスデザインへ。「Xperi…

  7. 「Xperia」独自の「snapdragon855」はやはり開発中か。…

  8. MWC2018では惨敗?SONYは「Xperia XZ2 Pro」でI…

Twitter でフォロー

Xperiaの最新情報はこちらで!

  1. Xperia

  2. Xperia

  3. Xperia

  4. Xperia

  5. Xperia

Apple関連の情報はこちらで!

  1. iPhone

  2. Galaxy

  3. iPhone

  4. Xperia

  5. iPad