• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia XZ Pro」は3色展開で、価格も10万円以下になるかもって話。

「Xperia XZ Pro」は3色展開で、価格も10万円以下になるかもって話。

Xperiaとして初のRAMが「6GB」でストレージが「128GB」になると予測されている「Xperia XZ Pro」ですが、MWC2018で発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia」史上初の「Pro」モデル。「Xperia XZ Pro」はMWC2018で発表かもって話。」をご参照下さい。

さらに先日には今まで「Xperia XZ1 premium」のモデル番号と予測されていた「H8116」は「Xperia XZ Pro」のものである可能性が高いとされており、その結果「4K」の表示解像度に対応していると予測されています。詳細は「「H8116」は「Xperia XZ1 premium」ではなく「Xperia XZ Pro」かもって話。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして有名なRoland Quandt‏ 氏が自身のTwitterで、次期「Xperia」のフラッグシップモデルの「カラー」と「価格」に関してTweetしていることが判明したのでまとめたいと思います。



本体カラーと価格がリークか。

 

先日には「Xperia XZ Pro」の詳細なスペックがリークしており、まずは「虹彩認証に4色展開に?「Xperia XZ Pro」の詳細なスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。この情報においては本体カラーが以下のようになるとしています。

Platinum Chrome; Jet Black; Golden Copper; Cosmic Blue

一方で今回のTweetの内容が以下のようになります。

今回の情報によれば「Liquid Black」・「Liquid Silver」・「Dark Green」の3色展開になるとしています。この時点でどのような色合いになるか詳細は判然としませんが、「Xperia XZ premium」の時のように「光沢」の強い色合いになると予測することができ、特に「Liquid Black」・「Liquid Silver」は従来のカラーを引き継いでいると考えることができます。

一方で「Dark Green」に関しては「新色」になります。「Xperia XZ premium」の時は「青みがかかった黒」が好評で「ブラック」のほうが人気が高かったですが、「Xperia XZ Pro」では、より深い色合いを表現した「グリーン」が追加されることになります。

「シルバー」に関しては、従来「クロム」と同様になると予測することができ、まさに「プレミアム」モデルは王道の色になると考えることができます。実際に発表された時の色合いにもよりますが、今回は「Dark Green」が一番人気になりそうですよね。



一方で価格にかんしても言及しており最大で「€699」になるとされていることから、日本円で約「9万5000円」程度です。先日の情報ではついに「10万円」の壁を超えてしまうと予測されていたことからも非常に安く感じてしまいます。詳細は「論外。「Xperia XZ1 premium」の価格は12万円程度になるかもって話。」をご参照下さい。

「iPhone X」や「Galaxy Note8」など、「10万円」以上の価格設定の機種も登場しており、その本体価格の高さからやはり販売実績があまり伸びていないとも予測されており、特に「iPhone X」はアナリストの予測を大きく下回っているとされています。

一方で今回の情報が正しければ、「Xperia XZ Pro」の価格の安さは、大きなアドバンテージになると予測することができます。「Xperia XZ premium」に関しては、「カメラの歪み」がなければと悔やまれるところですが、「Xperia XZ Pro」ではどこまで販売実績を伸ばせるか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧