「Xperia XA2 Ultra」のベンチマークが判明。「Xperia XZ」以上で快適って話。

いまや「Xperia」シリーズの中で、もっとも大きな「6.0」インチを搭載している「Xperia XA2 Ultra」ですが、「Xperia」シリーズで初の「デュアルレンズカメラ」を搭載しており、かつ最も大きな「バッテリー」を搭載しており非常に話題となっています。詳細は「大画面の魅力がさらに。「Xperia XA2 Ultra」のレビューが早速公開って話。」をご参照下さい。

さらに日本での展開は不明のままですが、海外の一部ではすでに予約を開始しており、「価格」も判明しています。詳細は「「Xperia XA2 Ultra」がアメリカで予約開始。発売日も判明したって話。」をご参照下さい。ミドルレンジモデルとしては「snapdragon」シリーズを初めて搭載した「Xperia XA2」シリーズですが、今回「Xperia XA2 Ultra」のベンチマークが判明したのでまとめたいと思います。



ベンチマークスコアが判明。

 

今回判明した「Xperia XA2 Ultra」のベンチマークが上記の画像になります。GeekBench上で実際5つのスコア結果を確認することができることからも「フェイク」である可能性は低いと考えることができます。まずシングルコアが「856」でマルチスコアが「4241」となっています。

「Xperia XA2 Ultra」は「snapdragon630」と、「ミドルレンジモデル」向けのCPUを搭載しているため、特に「シングルコア」はかなり低く見えますが、仕方ありません。ただこれだけだと分かりにくいので他の「Xperia」と比較したと思います。まず「snapdragon810」を搭載した「Xperia Z5」は以下のようになります。

 

シングルスコアが「1333」でマルチスコアが「2606」となっています。結局のところ性能を図る上ではCPUによってコア数が異なるため「マルチスコア」が指標となります。その上で、約2年前に発売された当時のハイエンドモデルである「Xperia Z5」に「Xperia XA2 Ultra」は約1.5倍の性能の差をつけていることになります。次に「snapdragon820」を搭載した「Xperia XZ」と比較したいと思います。

 

 

約1年前に発表された「Xperia XZ」ですが、マルチスコアが「3987」となっており、多くのスコア結果が掲載されていますが、平均しても「4000弱」程度。つまり「Xperia XZ」より処理性能は僅かながら「Xperia XA2 Ultra」のほうが上になります。ちなみに「Xperia XZs」と比較してみたいと思います。

 

 

「Xperia XZ」と比較して「Xperia XZs」は同じ「snapdragon820」を搭載していますが、RAMが「4GB」に増強しています。つまり「Xperia XA2 Ultra」も同じRAMである「4GB」を搭載していますが、「snapdragon820」の性能にはまだ完全に上回ることはできないということになります。

いくら進化が激しいとはいえ、2017年に「ハイエンドモデル」として発表された機種より、今年「ミドルレンジモデル」として発表された機種のほうが性能がよかったらちょっと悲しくなりますもんね。

まだデータ不足が否めませんが、「Xperia XA2 Ultra」は「Xperia XZ」程度以上の処理性能はあると考えてもよさそうです。ただRAMが「3GB」しかない「Xperia XA2」に関してはもう少し性能が低そうです。またベンチマークが分かり次第記事にしたいと思います。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧