• HOME
  • ブログ
  • iMac
  • 高すぎたかも。「iMac Pro」がなんと10万円の値引きになったって話。

高すぎたかも。「iMac Pro」がなんと10万円の値引きになったって話。

日本でも2017年の12月中旬より発売を開始した「iMac Pro」ですが、ようやく「家電量販店」でもデモ機が展示されるようになりました。エントリーモデルであっても「55万円」程度する「iMac Pro」ですが、その価格の高さは多くのユーザーの購入を躊躇させるものがあります。

また「iMac Pro」に付属している「キーボード」や「マウス」が「スペーグレー」仕様となっており非常に物欲を刺激されますが、残念なことに「別売り」がされておらず、海外のオークションサイトでは、「アクセサリー」だけで25万など破格の価格で出品されています。

何かと話題の多い「iMac Pro」ですが、今回すでに大幅な値引きをされていることを9To5Macが報告しているので簡単にまとめたいと思います。先日までの情報は「高いもん。「iMac Pro」は盗難対策もされているかもって話。」をご参照下さい。



すでに大幅値引きを開始した?

 

さて今回の情報によると、アメリカの小売店であるMicro Centerが、「iMac Pro」のエントリーモデル(定価$4999)、日本円で約55万円で発売されているものを「$3999」つまり日本円で約44万円で発売していることが判明したとしています。発売されて1ヶ月も経過しないうちに、「10万円」程度の大幅な値引きがされたことになります。ちなみにエントリーモデルのスペックは以下のようになります。

  • 27″ Retina 5K Display
  • Intel Xeon W Processor 3.2GHz
  • macOS High Sierra
  • 32GB DDR4 RAM
  • 1TB Solid State Drive
  • AMD Radeon Pro Vega 56 8GB HBM2
  • SDXC Card Slot
  • 10Gb Ethernet
  • 802.11ac Wireless
  • Bluetooth 4.2

今回の割引はあくまでもMicro Center独自の施策であると考えられ、この割引がBest Buyを含めたアメリカ全土の小売店に波及するとは正直考えにくいです。ただぱっと見の印象でも「55万円」と「44万円」ではインパクトは明らかに違います。それでも高いことに変わりはないのですが。

スペックは、「Pro」仕様になっているため、個人的にはそこまでのスペックは必要性がないのですが、「デザイン」だけでも非常に物欲が刺激されます。あと10万円下がってくれれば欲しいのですが、期待はできません。でも日本国内でも何かしらのキャンペーンなど行われることには期待したいところです。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧