• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 次期「Xperia」に「有機ELディスプレイ」の搭載が確定。求人情報がリークしたって話。

次期「Xperia」に「有機ELディスプレイ」の搭載が確定。求人情報がリークしたって話。

昨年末より次期「Xperia」、特に俗称「Xperia XZ1 premium」に「有機ELディスプレイ」が採用されると予測されています。ただ直近の情報では、「有機ELディスプレイ」を搭載するどうこうよりは、表示解像度が「4K」になるかならないかの情報が多いです。

現に一部情報では「4K」の表示解像度を搭載する次期「Xperia」は「Xperia XZ Pro」や「Xperia ARC premium」などの存在が確認されています。詳細は「虹彩認証に4色展開に?「Xperia XZ Pro」の詳細なスペックがリークしたって話。」をご参照下さい。

さて今回、Xperia Blogが次期「Xperia」に「有機ELディスプレイ」が搭載されることを示唆したSONYの求人を発見したことを報告しているのでまとめたいと思います。



SONYの求人が公開に。

 

今回SONYが公開していた求人が上記の画像になります。上記の求人から確認できることは、少なくとも「有機ELディスプレイ」の開発や研究に携わった経験が必須であることです。また「有機ELディスプレイ」をスマートフォンに統合するための求人であると考えることができます。

先日には「LG」製の「有機ELディスプレイ」が、次期「Xperia XZ1 premium」に搭載されるとのリーク情報が出ており、「Xperia XZ1 premium」に「有機ELディスプレイ」が搭載される可能性がより高まったと考えられています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は「LG」製の4K有機ELディスプレイを搭載かもって話。」をご参照下さい。

ただ今回の求人によって次期MWC2018で発表される次期「Xperia」に「有機ELディスプレイ」が必ず採用されるとはいいきれず、今年の後半、もしくは来年以降の次期「Xperia」に採用するための求人内容となっている可能性も考えられます。

ただ単純に考えれば、Samsungの「Galaxy Note8」やAppleの「iPhone X」など、ハイエンドモデルが次々と「有機ELディスプレイ」を搭載していますが、ディスプレイの高精細さというメリットよりも原価コストの上昇による本体価格の上昇というデメリットのほうが大きく見えてしまっているような気がします。

先日の情報では、「有機ELディスプレイ」に「4K」の表示解像度を対応させるのは非常に難しい技術であるとされています。このことからも先日の情報通りであれば、原価コストが大幅に上昇する可能性があり、必然として本体価格が上するする結果となってしまいます。詳細は「論外。「Xperia XZ1 premium」の価格は12万円程度になるかもって話。」をご参照下さい。個人的には、本体価格の上昇をできるだけ押さえてほしいと考えてしまいます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧