「Xperia XA2 Ultra」の発売は1月下旬より?価格も判明したって話。

先日より開催されているCES2018で、2018年最初の新型「Xperia」として発表された「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」ですが、「Xperia XA1」シリーズ時代の「ミドルレンジモデル」とはちょっと雰囲気が異なり、どちらかといえば「ミッドハイレンジモデル」に近いスペックになっています。詳細は「新たな一歩。SONYが「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」を正式発表したって話。」をご参照下さい。

一方で発売はまだとなっていますが、早くも海外では「Xperia XA2」のレビュー記事が公開されています。詳細は「高級感増し増し。早速「Xperia XA2」のレビューが公開されたって話。」をご参照下さい。さて今回、近年先行発売地域となっている「台湾」において、「Xperia XA2 Ultra」の「発売時期」と「価格」が判明したのでまとめたいと思います。



発売時期と価格が判明に。

 

「デュアルレンズカメラ」の搭載と、「大型バッテリー」の搭載が大きな進化したポイントともいえる「Xperia XA2 Ultra」ですが、今回、SONYが台湾で「Xperia XA2 Ultra」を正式に発表した際に、「発売時期」と「価格」にも言及ました。今回の情報によると、「発売時期」は「1月下旬〜2月上旬」としています。また本体価格に関しては「1万4990台湾ドル」としていることからも日本円で約「5万7000円」となります。

少なくとも価格に関しては、先日の情報でも「6万円」前後としていたことからも情報が一致しており、世界市場でだいたいこれくらいの価格設定になると考えることができます。詳細は「次期「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」の価格とカラーが判明したって話。」をご参照下さい。



また台湾市場においては、「ブラック」・「シルバー」・「ブルー」・「ゴールド」、4色すべてが発売されるとしています。「Xperia XA2」の「ピンク」モデルに関しては「地域限定」になるとされていますが、「Xperia XA2 Ultra」に関してはどのカラーが地域限定になるか判然としません。

しかしながら、先日GSM Arenaによって公開されたレビュー記事を確認する限り、「ブルー」モデルが画像で確認することができないため、「ブルー」が地域限定になると推測することができます。ちなみにGSM Arenaは「アメリカ」のガジェットサイトになります。先日のレビュー記事の詳細は「大画面の魅力がさらに。「Xperia XA2 Ultra」のレビューが早速公開って話。」をご参照下さい。

発表してから、1ヶ月以内に発売をすることを考えれば、例年と比較しても割と早めのスケジュールであると考えることができます。やはり2月下旬にMWC2018が控えていることも関係している可能性が高く、需要のベクトルは「ミドルレンジ」と「ハイエンド」では異なると思いますが、少しでも自社製品同士の競合を避けたいと推測することができます。

また遅くても「2月上旬」に発売を開始することを考えれば、この時期になれば「SIMフリーモデル」も日本国内で購入が可能になると考えることができます。今回やはり気になるのは「対応バンド」です。何か分かり次第、改めて記事にしたいと思います。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧