高級感増し増し。早速「Xperia XA2」のレビューが公開されたって話。

CES2018で事前情報通り、正式発表された「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」ですが、スペック等に関しては「新たな一歩。SONYが「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」を正式発表したって話。」をご参照下さい。新シリーズなると思いきや、「Xperia XA1」シリーズからの順当なブラッシュアップになっている「Xperia XA2」シリーズですが、今回海外サイトであるGSM Arenaが早速レビュー記事を公開しているのでまとめたいと思います。



レビュー記事が公開に。

 

上記の画像のように「Xperia XA2」は「背面」に「指紋認証」を搭載した初めての「Xperia」となります。このことからもアメリカで初めて「指紋認証」機能が有効化されている「Xperia」になります。今回同時に発表された「Xperia XA2 Ultra」そして「Xperia L2」も然り、今後のミドルレンジモデルが「背面」に「指紋認証」を搭載する流れになると考えることができます。

 

上記の画像でははっきりと分かるのは「Xperia XA1」と比較した場合、ディスプレイサイズが「0.2インチ」大きくなっているにも関わらず、本体の縦の長さは、短くなっています。一方で、横幅「70mm」と太くなっていますが、持ちにくいという印象はないとしています。

ただ、本体の厚みが「9.7mm」とディスプレイサイズを考えた場合、かなり分厚いという印象を受けるようでここはマイナス評価としています。何より「Xperia XA1」の厚みが「8mm」だったので尚更です。ちなみにかなり寸胴なスタイルに見える「Xperia XZ1 compact」の厚みが「9.3mm」であることを考えれば本当に太いです。

逆に上記の画像から分かりにくいのが、サイドフレームに「アルミ」が採用されており、さらに研磨加工もされています。このことにより非常に高級感が増していることになります。背面に関しては従来と同じく、プラスチックとなっていますが、「側面」から見る姿と、「背面」から見る姿で、地味に印象が変わる可能性があります。

 

 

ディスプレイサイズが「5.2インチ」とハイエンドモデルの「Xperia XZ1」と共通のサイズになりましたが、表示解像度も「FHD」と「HDR」には対応していませんが、かなり精細なディスプレイを搭載するようになりました。また画面の光度が「500nit」と従来と比較すると明るい液晶を搭載したのもポイントです。

そしてバッテリーが「Xperia XA1」の時が「2700mAh」だったのに対して「Xperia XA2」では「3300mAh」となっていることは非常に評価が高いとしています。広角なワイド撮影に対応した「インカメラ」よりもバッテリー持ちの改善のほうがかなり重要だと考えることができます。

全体的には「ハイエンドモデル」のデザインを節々に採用した「Xperia XA2」は、「Android8.0」の初期搭載や「snapdragon630」の搭載など、確実にブラッシュアップしており、2年前に発表された「Xperia X5」シリーズとは遜色がない程度のレベルまできていると考えることができます。

本体カラーの「ピンク」のみは地域限定とされており、アジアを中心に「ピンク」は展開されると考えることができます。いまだ販売対象国が発表されていませんが、日本での展開もちょっと期待したいところです。価格に関しては正式発表がまだなので、「次期「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」の価格とカラーが判明したって話。」をご参照下さい。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧