新たな一歩。SONYが「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」を正式発表したって話。

先日より「専用ケース」・超精細なレンダリング画像、そして「実機画像」と数々のリークをしていた「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」ですが、SONYが正式発表しました。先日までの情報との答えあわせの意味を含めて発表された内容を簡単にまとめたいと思います。先日までの情報は「「Xperia XA2 Ultra」と「Xperia XA2」の公式ティザー画像がリークしたって話。」をご参照下さい。


「Xperia XA2」を正式発表。

 

まず「Xperia XA2」のスペックを簡単に見ていきたいと思います。「ディスプレイサイズ」が大型化し「5.2インチ」となっているだけではなく、表示解像度も「FHD」になっており、単純に言えば、「Xperia XZ1 compact」より精細なディスプレイを搭載したことになります。

また事前情報通り、今回発表されたミドルレンジモデルから搭載CPUが「snapdragon630」を搭載しています。RAMが「3GB」で、ストレージが「32GB」となっており、「Xperia XA1」と比較すればそこまで大きな変化はないと考えることができます。

また個人的にはかなりの注目点がバッテリー容量で、「3300mAh」と、「5.5」インチかつ4Kの表示解像度を搭載している「Xperia XZ premium」と同等のバッテリーを搭載していることになります。もちろん「スタミナモード」や「バッテリーケア」などの従来の機能も搭載しています。

つまり従来の「Xperia XA1」シリーズと比較してだけではなく、「Xperia」シリーズの中でもかなりバッテリーライフを期待することができます。また「Xperia XA2」ではカメラの機能、特に「インカメラ」の機能が強化しています。メインカメラに関しては「2300万画素」となっています。

「4K動画」の撮影や「120fps」のスローモーション撮影、そして最大感度IOS「12000」に対応したことで、かなり明るい画像が撮影することが可能になっています。

 

 

インカメラに関しては、いまやトレンドとも言える「セルフィー」を特化しており、「800万画素」の高画素化に加え、「120°」の広角撮影が可能になっています。本体のスペック以上に「カメラ」の機能が大幅に強化されていると感じます。

本体サイズは「142×70×9.7」となっており、本体カラーは「シルバー」・「ブラック」・「ブルー」・「ピンク」の4色展開となっています。


「Xperia XA2 Ultra」を正式発表。

 

次に同時発表された「Xperia XA2 Ultra」についてまとめたいと思います。「6.0インチ」の「FHD」ディスプレイを搭載しており、RAMが「4GB」でストレージが最大「64GB」となっています。「Xperia XA2」と同様に「snapdragon630」を搭載しています。

バッテリー容量はこちらもかなり大型化しており、「3580mAh」となっており、大画面で「映画」や「動画」などを長時間楽しめるようなコンセプトになっているとしています。本体カラーは「シルバー」・「ブラック」・「ブルー」とまでは「Xperia XA2」と共通ですが、「ゴールド」が「Xperia XA2 Ultra」のみに採用されています。

カメラに関しては、メインカメラは「2300万画素」と「Xperia XA2」と同様のセンサーを搭載していますが、インカメラが「800万画素」のカメラに加え、「1600万画素」のデュアルレンズ仕様になっており、より「セルフィー」に特化した仕様となっています。


最後に

 

「Xperia XA2」、そして「Xperia XA2 Ultra」と共に「セルフィー」の強化と、「バッテリー容量」の拡大が共通の仕様となっており、また「Xperia XA1 Plus」と異なり、背面に「指紋認証」を搭載しました。少なくともアメリカで初めて指紋認証機能が有効化されている「Xperia」になります。

さらに「スピーカー」の音質強化など、まだまだ魅力な進化点はありますが、今回は簡単にまとめさせて頂きました。2月より順次発売を開始するとされており、価格に関しては未発表となっています。しかしながら先日には情報がリークしています。詳細は「次期「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」の価格とカラーが判明したって話。」をご参照下さい。より詳細な情報が分かり次第追記したいと思います。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧