• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 俗称「iPhone X Plus」のサプライヤーは「LG」になるかもって話。

俗称「iPhone X Plus」のサプライヤーは「LG」になるかもって話。

2018年に登場する次期「iPhone」は「6.1インチ」の「液晶」を搭載したモデルと「iPhone X」の後継機種、そして「6.5インチ」の大型ディスプレイを搭載した「iPhone X Plus」が発表されると予測されています。詳細は「2018年に登場する次期「iPhone」の噂をまとめてみたって話。」をご参照ください。なかでも大きく注目されているのがAppleとして初めてのファブレットになる「iPhone X Plus」です。

今回9To5Macによると、「iPhone X Plus」の「有機ELディスプレイ」のサプライヤーは、「iPhone X」のメインサプライヤーである「Samsung」と異なり、「LG」になる可能性があると報告していることが判明したのでまとめたいと思います。



大型ディスプレイの生産に注力か?

 

今回の情報によると、サプライヤーからの情報として、Samsungは「小型有機ELディスプレイ」の生産・開発に注力し、LGが「大型有機ELディスプレイ」の生産・開発に注力する可能性があるとしています。

Apple plans to diversify OLED models this year. Sources said LG Display is likely to produce larger 6.5-inch screens, while Samsung Display will focus more on producing smaller 5.8- or 6-inch screens.

The first shipments will not be large, totaling about 15-16 million screens for the year. Samsung Display, the sole OLED supplier for the current iPhone X, produces more than 10 million screens per month.

厳密に言えば、Samsungは今後「5.8〜6.0インチ」程度の「有機ELディスプレイ」の生産に注力するとしながら、一方でLGは「6.5インチ」の「有機ELディスプレイ」の生産に注力するとしています。このことからも、「iPhone X」と「iPhone X Plus」において、少なくとも「ディスプレイ」においてはサプライヤーが異なると考えることができます。

一部情報においては、「有機ELディスプレイ」のサプライヤーがほぼSamsungの独占状態になっているのを避けるため、Appleは「LG」と秘密裏に交渉しており、今後発売される「iPhone X」のディスプレイを「LG製」に切り替えてくとの情報もあります。このことによって、Appleは価格競争を発生させ「ディスプレイ」の原価コストを下げる狙いもあるとされています。

ただ今回の情報が正しければ、異なる2機種によってサプライヤーが異なるため、価格競争が発生しにくく、むしろAppleの莫大な注文を「LG」が処理できるかどうかも判然としません。最悪の場合、原価コストがさらに上昇する可能性が考えられます。あとは実際に「6.5インチ」を搭載した「iPhone X Plus」がどれだけ需要があるかによっても原価コストは変動すると考えることができます。正式発表まではまだまだ先の話ですが、続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧