• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 妄想?リーク?「Xperia A Edge」のスペックと画像がリークしたって話。

妄想?リーク?「Xperia A Edge」のスペックと画像がリークしたって話。

先日までの情報を統括すると、まず、2018年の上半期に開催されるCES2018と MWC2018で次期「Xperia」が9つ発表されると予測されています。詳細は「SONYは2018年1月と2月で計9モデルの次期「Xperia」を発表かもって話。」をご参照下さい。その上で、現時点は登場する可能性が高いのは「Xperia XA2」・「Xperia XA2 Ultra」・「Xperia XA2 Plus」、そして「Xperia L2」となっています。

上記の4機種は「ミドルレンジモデル」となっていますが、ハイエンドモデルに関しては「Xperia XZ Pro」のみしか判然としない状況になっています。詳細は「次期「Xperia」の「Pro」モデルは「Xperia XZ Pro」に?4色展開かもって話。」をご参照下さい。このことからも事前情報を鵜呑みにすれば、ミドルレンジモデルがあと2機種、ハイエンドモデルがあと2機種、そしてミッドハイレンジモデルが1機種が不明の状態です。

一方で今回GizmoChinaによると、ハイエンドモデルとして「Xperia A Edge」が登場すると報告しており、「スペック」だけではなく、「レンダリング画像」までも公開しているのでまとめたいと思います。



「Xperia A Edge」は本当に登場するの?

 

今回リークした「Xperia A Edge」と呼ばれる謎のデバイスのレンダリング画像が上記の画像になります。情報源によると、「Xperia A Edge」は「snapdragon845」を搭載し、「4K」の表示解像度に対応した「4.6インチ」のディスプレイをを搭載しているとしています。仮にこの情報が正しいとすれば、次期「Xperia」のハイエンドモデルのうち最低2機種は「4K」の表示解像度に対応していることになります。

また、「ベゼルレスデザイン」を採用しており、まさに極限までベゼルが削られていることになります。少なくとも上記の画像から、一部情報にあるような「ステレオスピーカー」の存在する確認することができません。また電源ボタンに「指紋認証」が統合されているとしており、電源ボタンの位置も、僅かながら上に移動しているとしています。

背面に関しては「Xperia X」のようなメタル素材を採用しており、「デュアルレンズカメラ」を搭載しているとしています。本体カラーに関しては「ブラック」・「ホワイト」・「ブルー」・「グレー」、そして「ブラウン」の5色展開になるとしています。発売時期に関しては「2018年4月頃」としており、早くても「CES2018」、遅くても「MWC2018」に発表されることになります。

しかしながら、先日リークした「snapdragon845」を搭載した機種の販売スケジュールによると、4月にSONYの端末が発売されることは確認することができます。現時点では、どちらの情報が間違っているのか、それともどちらの情報も間違っているのか判然としない状況になります。また「4月」発売ということで、発売直後は「Android8.0」を搭載した状態で出荷されるとしています。

初代というべきか、それとも別のモデルというべきか、過去に「Xperia A」という端末が存在していましたが、その当時、docomoは「iPhone」を扱ってなく、「docomoの2トップ」という戦略で、「Xperia A」がかなり売れたのはなんとなく覚えています。この「Xperia A」と何かしらの関係があるように考えられますが、逆に関係がある場合、なぜ今更という疑問もあります。

今回のレンダリング画像自体が、リークなのか、それとも「妄想」なのか判然としませんが、コンパクトモデルで「4K」対応だったら爆発的な人気がでると考えられます。仮に「Xperia A Edge」が登場したら「Xperia XZ2 compact」は目も当てられない状況になりそうですけど。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧