名称の変更はなし。「Xperia XA2 Ultra」の存在が公に確認されたって話。

2018年に登場する次期「Xperia」は、1月に開催されるCES2018と、2月に開催されるMWC2018で合計9つ発表されると予測されています。詳細は「SONYは2018年1月と2月で計9モデルの次期「Xperia」を発表かもって話。」をご参照下さい。

特にCES2018では、「ミドルレンジモデル」が多く発表されると予測されている中、「Xperia XA1」の後継機種の一つである「Xperia XA2 Ultra」の存在が公式に確認されたのでまとめたいと思います。



「Xperia XA2 Ultra」の存在が確認に。

 

今回Xperia Blogによると、マレーシアやタイの電気通信規制当局によって、2018年に登場が予測されている次期「Xperia」である「Xperia XA2 Ultra」と「Xperia L2」の存在が登録されていることが確認されたと報告しています。今回電気通信規制当局に登録されている一部が上記の画像になります。

上記の画像から確認することができますが、「Xperia XA2」シリーズのモデル番号は「H4200」番台になり、一方で「Xperia L2」に関して「H4300」番台になるとしています。少なくとも先日には「H4200」番台のベンチマークがリークしており、ある程度のスペックが判明したことにもなります。詳細は「次期「Xperia Mirai」シリーズをまとめてみたって話。」をご参照下さい。

ただ一つきになるのは、次期「Xperia」は新シリーズになると予測されおり、「命名規則」に変更されると予測されていましたが、今回の情報を見る限りは「命名規則」に変更はなく、「ナンバリング」の変更に留まっています。「命名規則」の変更は「ハイエンドモデル」のみになるのか、それとも「ミドルレンジ」モデル含めて変更がないのか判然としない状態にあります。

まあ個人的には、「命名規則」を変更しないほうが、ユーザーにとってわかりやすい面もありますが、仮に新シリーズである場合ならちょっと新鮮味にかける面もあります。「Xperia XA」シリーズも「Xperia XA1 Plus」の登場によっていまや3モデル存在しています。

「Xperia XA2 Plus」が同時期に発表されるか判然としませんが、タイミングを揃えて発表する可能性は十分に考えられます。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧