• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 次期「Xperia」のハイエンドモデルのベンチマークがついにGeekBenchに登場したって話。

次期「Xperia」のハイエンドモデルのベンチマークがついにGeekBenchに登場したって話。

直近の情報においては、「Xperia XZ premium」の後継機種になると予測されている「Xperia ARC premium」の情報が徐々に増えています。「デザイン」や「スペック」を含めて何かと怪しい面もありますが、徐々にリークしている情報によってその信憑性が増していっています。詳細は「「Xperia XZ premium」の後継機種「Xperia ARC premium」のスペックをまとめてみたって話。」をご参照ください。

2018年に登場する次期「Xperia」は大きく二つの「デザイン」が採用されている可能性があり、その一つが「Xperia ARC premium」に見られる「アーチデザイン」。そしてもう一つは、「Xperia XA1 Ultra」のようなベゼルをスリム化させたデザイン。

今回は、「Xperia XA1 Ultra」のようなベゼルをスリム化させたデザインを採用すると予測されている次期「Xperia」のハイエンドモデルのベンチマークがついに公開されたのでまとめたいと思います。



「H8266」のベンチマークが公開に。

 

さて今回、海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期Xperiaの「ハイエンドモデル」の一つである「H8266」のベンチマークが公開されているとの投稿があったのでまとめたいと思います。今回公開されたベンチマークが上記の画像になります。

今回のベンチマークから読み取れる内容は、搭載OSが「Android8.0」であること。RAMが「4GB」。そして搭載CPUが「snapdragon845」を搭載していることです。今回のベンチマークは実際に「GeeKBech」上で公開されているため、プロトタイプかもしれませんが、少なくとも「snapdragon845」を搭載したXperiaが開発されていることが確実になったと言えます。

またシングルコアが「2393」となっており、マルチコアが「8300」となっていることも確認することができます。ちなみに先日リークした「Galaxy S9+」のベンチマークはシングルコアが「2422」となっており、マルチコアが「8351」となっています。

このことからも同じ「snapdragon845」を搭載していることもありますが、ベンチマークスコアもほぼ同等の結果となっています。まああくまでも、今回の公開されたベンチマークは、「平均値」ではないため参考程度にしておくのが無難です。

一方で現行で最高のスペックを搭載している「Xperia XZ premium」のベンチマークスコアは、シングルコアが「1900」でマルチコアが「6500」となっています。つまり「snapdragon845」を搭載するだけでも、基本性能が大幅に向上していることが確認できます。



先日の情報と一致。

 

今回リークした「H8266」は、先日リークした「H8216」と同じモデルであると予測されています。まずは先日のリーク情報である「次期「Xperia」のスペックがリーク。やはりデュアルレンズカメラを搭載かもって話。」をご参照下さい。その上で「H8216」のスペックは以下のようになります。

– 5.5″ Full HD 16:9 HDR sRGB 148%
– Qualcomm 845
– 64GB ufs, 4GB ddr4
– 3130 mAh
– 12MP + 12MP rear
– 15MP f2.0 22mm ( 1.3″) : might be the 16MP sensor used by LG V30
– 156g
– 14.8 cm x 7.34cm x 7.40 cm

少なくとも「snapdragon845」を搭載していることと、RAMが「4GB」であることは一致しています。そのため今回ベンチマークがリークしたことによって、この「H8216」のスペックの信憑性がより増したことになります。ディスプレイサイズが「5.5インチ」であることを考慮すれば、「メインストリーム」の端末になると考えることができます。

つまりこの機種が「Xperia XZ1」や「Xperia XZs」などのように3キャリアから発売される可能性が高いと予測することができます。次期「Xperia」のハイエンドモデルは少なくとも3モデルあるとされています。詳細は「SONYは2018年1月と2月で計9モデルの次期「Xperia」を発表かもって話。」をご参照下さい。

そのうちの一つが、今回ベンチマークが確認されたことによって、より現実味が増してきました。まだまだ不透明な部分もありますが、続報に期待したいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧