• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 次期「iPhone」に搭載される新型「True Depth カメラ」のせいで大型バッテリーを搭載するかもって話。

次期「iPhone」に搭載される新型「True Depth カメラ」のせいで大型バッテリーを搭載するかもって話。

いまや「即日購入」が可能になった「iPhone X」ですが、発売から約1ヶ月半でここまで在庫状況が改善した最大の理由は、サプライヤーの努力があったと考えられます。それこそ発売直後まで、生産に問題を抱えたパーツがあり、生産状況を遅らさせる大きな要因になっていました。その一つが「Face ID」の機能に必要な「True Depth カメラ」になります。

「Android」のベンダーが同様の技術を開発しようとした場合、最低でも1年以上かかると言われていることからも、Appleの技術が集結した素晴らしいものとなっていますが、今回MacRumorosが、次期「iPhone」に搭載される新型「Ture Depth カメラ」についての情報を報告しているのでまとめたいと思います。



大型バッテリーの搭載が必須となるかも。

 

「iPhone X」はiPhone史上最大のバッテリーを搭載していながらも、そのバッテリー持続時間は、「iPhone8」や「iPhone8 Plus」に大きな差をつけられており、全体の評価においても「電池持ち」が大きく足を引っ張り、「iPhone8」より低い評価となってしまっています。詳細は「今後10年に先行投資。「iPhone X」は「iPhone8」より評価が低いって話。」をご参照下さい。

現時点でも「電池持ち」が大きな課題である「iPhone X」ですが、次期モデルでは新型「Ture Depth カメラ」を搭載することによって、電池の消費がさらに激しくなるため、より大きな「バッテリー」を搭載する必要性があるとされています。今回の情報は、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuoが投資家向けのレポートで判明したものとなっており、一部抜粋ですが以下のようになっています。

Apple capable of designing new system for large-capacity batteries: We believe the adoption of TrueDepth camera for 3D sensing in 2017-18 will create demand for larger-capacity batteries. From 2019, we predict iPhone may adopt upgraded 3D-sensing and AR-related functions, and it will consume more power, further increasing demand for large-capacity batteries. We believe Apple’s key technologies, including semiconductor manufacturing processes, system-in-package (SIP), and substrate-like PCB (SLP), will create the required space for larger batteries.

今回のレポートによれば、新型「Ture Depth カメラ」はより優れた「3D検知機能」や「AR関連」機能が搭載されるため、より「バッテリー」の消費が激しくなるとしています。一方でAppleは、プリント基板から、内部構造全般を、より広いバッテリースペースを確保するために見直す可能性が高いとなっています。

もともと同氏は、次期「iPhone」のバッテリー容量に関してすでに報告しており、現行の「iPhone X」に採用されているバッテリーは「デュアルセル」タイプのL字型構造となっています。簡単にいえば、2つのバッテリーが搭載されていることになります。それを次期「iPhone」では内部スペースをより有効化させるために「ワンセル」タイプに変更すると予測しています。

「ワンセル」タイプに変更することで、現行の「デュアルセル」タイプより約「10%」程度の電池持ちの改善が期待されています。2018年に登場する次期「iPhone」は、「True Depth カメラ」の生産状況を安定させることを優先させるために、新型「Ture Depth カメラ」を搭載しないと予測されていましたが、この調子だと早くて2019年の「iPhone」に搭載されると予測されていますが思ったより早く2018年モデルに搭載されることも考えられます。

「iPhone X」の生産状況の改善によって、生産上の問題から発売延期となったとされている新色「ブラッシュゴールド」についての噂が再浮上しています。詳細は「再び。「iPhone X」の新色「ブラッシュゴールド」が2018年に登場するかもって話。」をご参照下さい。2018年の次期「iPhone」の動向にも要注目したところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧