• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia XZ premium」の後継機種「Xperia ARC premium」のスペックをまとめてみたって話。

「Xperia XZ premium」の後継機種「Xperia ARC premium」のスペックをまとめてみたって話。

ユーザーエージェントプロファイルからも、2018年に登場する次期「Xperia」のハイエンドモデルは3つあることが確認されています。その中でも最も「ハイエンドモデル」扱いになると予測されていた「H8116」は、先日の情報で状況が一転して、「Xperia Z Ultra」の後継機種の立場で登場する可能性があるとされています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は「Xperia XZ1 Ultra」として登場するかもって話。」をご参照下さい。

一方でその全貌が徐々に明らかになりつつある、「Xperia ARC premium」が、今の所「Xperia XZ premium」の後継機種であると可能性が高いと予測されていますが、今回この「Xperia ARC premium」のスペックが海外サイトに詳細にまとめられていたのでまとめたいと思います。


「Xperia ARC premium」のスペックは?

 

海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia」のハイエンドモデルのデザインは、本体上下の部分が「ラウンド形状」になると投稿され、この投稿が元にレンダリング画像が作成・公開されています。詳細は「次期「Xperia」の4Kモデルの正式名称は「Xperia ARC premium」になるかもって話。」をご参照下さい。

さて「Xperia ARC premium」のスペックについて見ていきたいと思います。まず次期「Xperia」の命名規則に関してですが、一部情報によると、従来のような「Z」や「X」などアルファベットを使用することはないと予測されています。今回の情報源がどこまでの次期「Xperia」を指しているのか判然としませんが、次期「Xperia」は「アーク」上のデザインを採用することからも、「Xperia ARC」になると予測しています。

 

過去において「Xperia arc」という端末は存在しており、混同を避けるために、次期「Xperia」の名称が「Xperia ARC」となることは考えにくいてですが、少なくともこの「Xperia arc」のデザインをさらに洗練した形で採用する可能性が高いことは、事前情報を考慮した上で考えられます。「ディスプレイサイズ」は「5.46インチ〜5.7インチ」の間になるとされています。

アスペクト比に関しては、トレンドである「18:9」を採用する可能性は低く、また今後を見通して「21:9」を採用する可能性も低く、現行の「16:9」を維持する可能性が高いとしています。Xperiaの「アスペクト比」に関する情報は「次期「Xperia」のアスペクト比が「16:9」を存続させるメリットは何って話。」をご参照下さい。

ただアスペクト比に変更はなくても、「画面占有率」は「80%」になると予測しており、「Xperia XA1 Ultra」のような「スリム」なデザインになる可能性が高いとされています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は「Xperia XA1 Ultra」と似たようなデザインかもって話。」をご参照下さい。表示解像度に関しては、名称から考えれば「4K」を搭載していると考えることができますが、今回の情報ではどちらかといえば消去法的な考えになっています。

従来のXperiaにおいて、「QHD」が採用された例はほとんどなく、2018年に登場する次期「Xperia」にも採用される可能性は低いとしつつ、その上で、プレミアムモデルであることを考えれば、「FHD」の可能性は低いとしています。このことからも「4K」を採用している可能性が高いとしています。本体のベゼルがスリムになることによって、本体サイズはよりコンパクトになると予測されていますが、その上でバッテリー容量は「3200mAh」程度になると予測しています。

新しい技術が採用されたバッテリーが搭載されるともしており、その上で「Xperia」の機能であるスタミナモードなど各種バッテリーに関する機能を組み合わせることで、実質「4200mAh」と同等の電池持ちを実現することができるとしています。カメラに関して、デュアルレンズカメラを搭載している可能性が高いとしながらも、その仕様に関しては、非常に情報が錯綜しているため判然としない状況になるとしており、さらに「RAM」や「ストレージ」に関しても同様の状況になっているとしています。

しかしながらRAMは「4GB」でストレージが「64GB」と考えておくのが無難であり、搭載CPUに関しては、「4K」であることとカメラの機能を強化していることを考えれば、「snapdragon845」を搭載していると考えることができます。ざっとですが「Xperia ARC premium」のスペックについてまとめてみましたが、やはり信ぴょう性に関しては判然としません。

ただこのうちの半分程度当たっているだけでも十分にユーザーの物欲を刺激することが可能なスペックとなっています。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧