2018年後半にAppleは次期「Air Pods」を発表するかもって話。

Appleのティム・クックCEOの発言通りに、「Air Pods」は今年の夏の終わり頃から急激に在庫状況が改善しましたが、残念なことに、年間で最もガジェット製品が売れる時期であるホリデーシーズンには在庫なしの状態が相次いでいます。直近の在庫状況に関しては「「Air Pods」の在庫状況が徐々に悪化しているかもって話。」にまとめてあるのでご参照下さい。

現行モデルの在庫状況が落ちつかない中、Appleは次期「Air Pods」を2018年の後半に発売するとの情報がApple Insiderによって報じられたのでまとめたいと思います。



次期「Air Pods」の登場が2018年には?

 

「iPhone8」シリーズと「iPhone X」で初めて「Qi」規格のワイヤレス充電に対応しましたが、この流れは主力製品である「iPhone」だけではなく、「アクセサリー」にも派生しています。その筆頭として「Apple Watch series3」が対応しており、またAppleは未だ正式な発売時期などを発表していませんが、「Air Pods」も対応することが判明しています。

このことからも「Air Pods」の後継機種の登場は遠ざかったと考えられていましたが、Apple関連のリーク情報で定評のあるKGI証券のアナリストであるMing-Chi Kuo氏は、次期「Air Pods」は2018年の後半に登場することを投資家向けのレポートで報告していることが判明しました。

Media reports over the past few days on brisk AirPods demand and Apple struggling to keep up with holiday season demand align with our findings and positive predictions on AirPods in several previous reports. […]

In 2018, we predict AirPods shipments will grow 100% YoY to 26-28mn units. We forecast the ASP of RFPCB for upgraded AirPods in 2H18 may increase, further benefiting business momentum of Unitech and Compeq.

Ming-Chi Kuo氏のレポートの一部を抜粋したものになりますが、まず現行の「Air Pods」は2018年に入れば在庫状況は安定し、その成長率は「100%」を超えるとしています。その中で、Appleは内部構造に変化を加えた次期「Air Pods」を発表するとしています。

残念なことに、今回の情報では、新しい「機能」や「デザイン」に関する情報はありません。ただ今回の情報では判然としませんが、何かしらのアップデートが施された次期「Air Pods」をAppleは準備をしているということだけは推測することができます。

現行の「Air Pods」の在庫状況が安定しない理由としては、バッテリー用のRFプリント基盤の生産状況が芳しくないことが原因とされています。単純に、生産状況が安定するのを待つのか、それとも次期モデルではこの部分においても内部構造を変更してくる可能性も考えられます。

 

 

一方でAppleが申請している特許の内容から、「Beats X」のような首掛け式のワイヤレスイヤホンが開発されていることも判明しています。このことからも2018年は、「Air Pods」の後継モデルと新型の純正ワイヤレスイヤホンの合計2種類が発売される可能性も考えられます。

やはり直近では「Air Pods」のワイヤレス充電に対応ですが、現時点ではいつ対応した専用ケースが発売されるのか判然としません。仮に次期モデルが2018年後半に登場するのであれば、年明け早々には発売してほしいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧