すでに次期「Xperia」の実機画像がリークしてたかもって話。

直近において、次期「Xperia」の新たなレンダリング画像が多数公開されていますが、その信憑性は正直なところ定かではありません。一方で先日の情報では、早くて1月に開催されるCES2018において、SONYは次期「Xperia」を発表する可能性が予測されています。詳細は「SONYは2018年1月と2月で計9モデルの次期「Xperia」を発表かもって話」をご参照下さい。

このことからも、仮にCES2018で次期「Xperia」が登場するのであれば、そろそろ実機画像がリークしていてもおかしくはないのですが、今回、約4ヶ月程度前に、次期「Xperia」の実機画像がリークしていた可能性があるのでまとめたいと思います。



実機画像がすでにリーク?

 

IFA2017が開催される以前の情報では、9月にSONYは「Xperia XZ1」・「Xperia XZ1 compact」、そして「Xperia X2」が発表されると予測されていましたが、実際に発表されたのは「Xperia X2」ではなく、「Xperia XA1 Plus」になります。その当時、次期「Xperia」の実機画像としてリークしていたのが上記の画像になります。

今更にはなってしまうのですが、上記の画像において、左側の機種は「Xperia XZ1 compact」とされており、右側の機種が「Xperia X2」と予測されていましたが、今だに右側に該当する機種は発表されていません。しかしながら先日リークした次期「Xperia」の専用ケースとされるものと、この右側の機種の特徴は一致しているようにも見えます。詳細は「次期「Xperia」のディスプレイサイズは3タイプになるかもって話。」をご参照下さい。

カメラの位置が中央に配置されており、その下に「指紋認証」が搭載されています。またはっきりと確認することができませんが、ハイエンドモデルでいう「Xperia Z4」までのシンボル的なデザインの電源ボタンを搭載しており、充電規格が「USB-C」になっていることまでは確認することができます。

また先日リークした「Xperia ARC premium」とされるレンダリング画像においても、次期「Xperia」の上下の部分は「ラウンド形状」が特徴になるとされていますが、この実機画像においても、従来のループデザインではなく、本体が端に向かって僅かにラウンドしているようにも見えます。先日の情報は「次期「Xperia」の4Kモデルの正式名称は「Xperia ARC premium」になるかもって話。」をご参照下さい。

この実機画像が次期「Xperia」のものと断定することは難しいですが、現在のリーク情報と一致しており、その当時はフェイク画像とみなされてしまいましたが、2018年に登場する次期「Xperia」のプロトタイプの可能性も考えられます。また先日の情報と一致させるのであれば、この実機画像は「ミドルレンジモデル」のものであると考えることができます。

ただ写真だけではサイズ感が判然としないので、どの機種になるかなんとも言えませんが、感覚的には「Xperia XA1 Ultra」の後継機種の実機画像にも見えてしまいます。ちょっと惜しいのが、この実機画像のフロント部分の画像があれば、より深い推測がすることができたと考えることができます。

「デザイン」に関して、もう少しリーク情報が増え、そのリーク情報同士がある程度一致していれば、その情報の信憑性があがるのですが、現時点ではなんとも言えない情報が多いです。でも今後の情報にも期待したいところです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧