• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 俗称「iPhone X Plus」と「Galaxy Note8」や「Google Pixel2 XL」を比較した動画が公開したって話。

俗称「iPhone X Plus」と「Galaxy Note8」や「Google Pixel2 XL」を比較した動画が公開したって話。

2018年に登場が予測されている次期「iPhone」は3モデルになると予測されており、その中でも特に注目度が高いのは、やはり「iPhone X」の後継機種モデルと、「iPhone X Plus」になると予測することができます。「iPhone X Plus」の詳細は「2018年に登場する次期「iPhone」の噂をまとめてみたって話。」をご参照下さい。

「iPhone X Plus」が登場する可能性はかなり高いとされており、一部情報では「本体サイズ」もリークしており、付随してモックアップもすでに公開されています。今回、「iPhone X Plus」のモックアップと「Galaxy Note8」など2017年に登場したハイエンドモデルとの比較動画が公開されたのでまとめたいと思います。



比較動画が公開に。

 

Apple関連のリーク情報で主にTwitterを通して活動をしているBenjamin Geskin氏が、今回、俗称「iPhone X Plus」と各種ハイエンドモデルとの比較動画を公開したのでまとめたいと思います。まずは下記の動画をご覧ください。

動画を確認してみると、最初に比較対象となっているのは同じApple製品である「iPhone8 Plus」となっています。動画だとちょっと確認しずらいのですが、「iPhone X Plus」のほうが僅かに縦長になっていることが確認することができます。まあサイズ感としては「iPhone8 Plus」とほぼ同じ大きさだと言えます。

また「iPhone X Plus」はiPhone史上最大の「6.5インチ」ディスプレイを搭載すると予測されています。ちょっと話はそれますが、「Plus」シリーズの登場で、一気にその人気に陰りが見えた「iPad mini」ですが、「iPhone X Plus」の登場によってより終焉を迎える可能性が高まると考えることができます。

「ディスプレイサイズ」が一番の特徴になるとも言える「iPhone X Plus」ですが、いくら「iPhone8 Plus」と同等のサイズだとしても、もはや片手で操作するのは非常に難しくなると考えることができます。この「6.5インチ」というディスプレイサイズがユーザーにどのような印象を与えるかで、売れ行きが大きく変わると推測することができます。



ライバル機種との比較も。

 

今回公開された動画で比較対象となっているのは「iPhone8 Plus」の他に、「Galaxy Note8」や「Google Pixel2 XL」と比較されています。動画を見た印象として、「Google Pixel2 XL」は「6.0インチ」というディスプレイサイズもあり明らかに小さい、インパクトに欠けてるように見えてしまいます。

また「Google Pixel2 XL」自体のベゼルレス感が「Galaxy S8」や「iPhone X」ほどではないこと影響している考えることができます。一方で「Galaxy Note8」の比較シーンにおいては、「Galaxy Note8」のほうが無駄に縦長になっている印象を個人的には受けました。

厳密に言えば異なりますが、ほぼ同じ「アスペクト比」を採用している「iPhone X Plus」と「Galaxy Note8」ですが、同じ縦長でありながらも「iPhone X Plus」のほうが全体的にバランスがとれているように感じます。ただ「iPhone X Plus」のほうが丸みを帯びているせいなのか、それとも「Galaxy Note8」が全体的に角ばっているせいなのか、なぜこのような印象を受けるのか何とも言えません。

2017年を通して「ベゼルレスデザイン」を採用したスマートフォンが数多く登場しました。この流れは今後も継続すると考えることができます。つまり「ベゼルレスデザイン」を採用することによって従来と同じ本体サイズでありながら、より大きなディスプレイを搭載したモデルが数多く登場する可能性が高いとも言えます。

ひと昔前では「Xperia Z Ultra」のように、「ディスプレイサイズ」=「本体サイズ」となっており、ファブレットと呼ばれる機種は本体サイズもかなり大きかったです。一方でベゼルレスデザインがトレンドになることでファブレットの立ち位置も大きく変化すると予測することができます。

少なくともファブレットのパイオニア的存在であった「Galaxy Note」シリーズはその優位性を徐々に失い、今回の「iPhone X Plus」のように、従来ファブレット機種が存在していなかったメーカーの機種が台頭してくると考えることができます。2018年は、スマートフォンにとってさらに大きな転換期になる可能性があります。今後の動向に要注目です。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧