「Air Pods」の在庫状況が徐々に悪化しているかもって話。

約1年前に発売を開始し、半年以上、在庫が非常に不安定だった「Air Pods」ですが、夏の終わり頃から急激に在庫状況が改善しました。Appleのティム・クックCEOも「Air Pods」は世界中から膨大な需要があり、1日も早く在庫状況を改善すると発言しており、その人気の高さを伺えることができます。

ホリデーシーズンを迎え、アメリカで行われたブラックフライデーにおいて、「Air Pods」はApple製品の中でもトップクラスに売れた商品となっています。今回は、単純にホリデーシーズンを迎えて需要が増大し、在庫状況が悪化しているのか、それとも別の要因があるのかまとめたいと思います。



「Apple Store」の在庫状況は?

 

発売して約1年経過する商品がようやくCMを始めるのはAppleの製品の中でも「Air Pods」が初めてではないでしょうか?最近頻繁に流れている下記のCMは見たことがる人も多いかと思います。まあこのCMがそもそも「Air Pods」のCMなのか疑問もありますが。

ただ少なくとも、CMで宣伝を始めたということは在庫状況が改善したという意味に捉えることもできます。現に執筆時点の「Apple Store」の在庫状況は、ほとんどの店舗で「在庫あり」の状態となっています。つまり「Apple Store」の実店舗に行けば即日購入することが可能になっています。

 

 

一方で「Appleオンラインストア」で確認すると、出荷時期は約「2週間待ち」となっています。つまり実店舗との在庫状況に大きな開きがあるとも考えることができます。ただ「オンラインストア」の場合、ホリデーシーズンに突入したことによって、需要が増大し、「Air Pods」に限らず、オンラインストア全体的に、出荷が遅れていると考えることができます。

もちろん、すべての製品に該当する訳ではなく、一部の特に需要が高い商品に限られてくる可能性が高いですが。残念なことに「Appleオンラインストア」で今注文しても、表示通りであれば「クリスマス」までに入手することができない状態となっています。

発売をして約1年経過したことにより、様々なレビュー記事が存在していますが、その多くは「思ったよりいい」となっています。もちろん、それは「音質」や「つけ心地」など想定以上の出来をしていると考えることができます。このような記事が多数存在していことと、Apple Storeの在庫状況が改善したことからも、より物欲が刺激され購入する人が増えていると考えることもできます。



「家電量販店」での在庫状況は?

 

少なくとも「Apple Store」においては在庫状況が安定しているとみることができますが、一方で「家電量販店」ではどのような在庫状況になっているか簡単にまとめたいと思います。記憶が正しければ11月頃まで、店舗にもよると思いますが常に在庫があるような状態でしたが、執筆時点での大手家電量販店のオンラインショップの在庫状況を確認してみると、「在庫なし」の状態となっています。

今回確認したのは大手3社である「ヤマダ電機」・「ビックカメラ」・「ヨドバシカメラ」です。実店舗においては在庫状況を確認しきれていませんが、少なくともネットで確認できる「ヨドバシカメラ」は、実店舗でも「在庫なし」の状態となっています。

先日、久しぶりに「ヨドバシカメラ」に行きましたが、「 Air Pods」の特設コーナーが設置されており、ちょっと驚きを覚えました。ただ残念なことにやはり「在庫なし」の状態です。定期的に入荷していると思いますが、世界的に大きく在庫状況が改善したタイミングで大量の入荷があり、それ以降、あまりまとまった数が入荷していないと考えることができます。

だからこそ、需要が大きくなるこの時期には、在庫状況がジリ貧になりついに「在庫なし」の状態になってしまったと考えることができます。「Air Pods」はApple初の純正ワイヤレスイヤホンであり、かつその価格の手頃さを考えれば新型が出るまではさらに売上をのばす可能性が高いと考えることができます。

また「Ear Pods」のことを考えれば、一部次期「Air Pods」の情報もありますが、登場するのはまだまだ先になると考えることができます。変な話、「Air Pods」は高性能や高音質をウリにしている商品ではないから、製品サイクルは非常に長いと考えられます。

ホリデーシーズンが終われば、在庫状況が改善するのか、それともこのまま尻窄みのままなのか判然としませんが、やはり在庫状況がさらに改善することを期待したいと思います。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧