• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 独特なデザイン。次期「Xperia」のデザインはこんな感じになるかもって話。

独特なデザイン。次期「Xperia」のデザインはこんな感じになるかもって話。

一部情報では、次期「Xperia」はアスペクト比「16:9」から変更されることはなく、ベゼルのみスリム化されるとされています。一方で、アスペクト比が「18:9」になるとの情報もあり、ちょっと情報が混乱している面もあります。

俗称「Xperia XZ1 premium」は2つのモデルが存在しているとされており、先日公開されたレンダリング画像は、2つのモデルが全く異なるデザインをしており話題になっています。詳細は「本当に?「Xperia XZ1 premium」の公式画像がリークしたって話。」をご参照下さい。

リーク情報を元に作成されているレンダリング画像は、細部は異なることがあっても、全体的な雰囲気は似たようなものになります。しかしながら今回、今までと全く異なるデザインの次期「Xperia」のレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。


このレンダリング画像は本当なのか?

 

大方の情報では、次期「Xperia」は、画面占有率が「80%」程度になるとされており、「iPhone X」や「Galaxy S8」のような「ベゼルレスデザイン」にはならないものの、「Xperia XA1」や「Xperia XA1 Ultra」のようなデザインになるとされています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」は「Xperia XA1 Ultra」と似たようなデザインかもって話。」をご参照下さい。

今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia」のデザインに関する投稿があり、この投稿に基づいたレンダリング画像が作成されたので簡単にまとめたいと思います。まず今回の投稿の内容が以下のようになります。

80% STBR (no physical buttons)
Equal sized bezels at top an bottom with thinner side bezels than the XZ PREMIUM but not by much
The curve at the top and bottom of the phone to be only slight in comparison to the Xperia Play
Stereo speakers that follow the same curve but right at the edge of top and bottom of the phone
Selfie cam and sensor either side of the Sony logo at the top of the device too.

今回の投稿内容を簡単にまとめると、ホームボタンがなく、画面占有率は「80%」で、本体の上下の部分は湾曲したようなデザインになっているとしています。そしてこの投稿内容に基づいて作成されたレンダリング画像が上記の画像になります。

だいぶ前の情報になりますが、2015年頃、「Xperia Nexus」なる機種が販売すると予測されていました。その当時予測されていたデザインと、今回投稿されたデザインの一部が非常に近いデザインを採用している可能性が高いと考えることができます。

正直なところ、今回のデザインに関する投稿に信憑性は全くありません。ただ個人的には、他のメーカーの機種と全く異なるデザインを採用しており、これはこれでありだと考えてしまいます。いくら次期「Xperia」が新シリーズになるとはいえ、従来のXperiaのイメージと全く異なるデザインを採用する可能性は低いと考えることができます。続報に期待しましょう。

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧