• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 俗称「Xperia XZ1s」。「Xperia XZ1 premium」に続き「4K」対応かもって話。

俗称「Xperia XZ1s」。「Xperia XZ1 premium」に続き「4K」対応かもって話。

まさに情報が錯綜中。次期「Xperia XZ premium」の後継機種は2モデル存在しているとされており、しかもどちらも「4K」の表示に対応しているとされています。詳細は「次期Xperiaは「2K」が1モデルに「4K」が2モデルになるかもって話。」をご参照下さい。

一方で搭載CPUに関しては、よく分からない状態になっています。「Xperia XZ premium」の後継機種は順当にいけば「snapdragon845」を搭載していると考えることができますが、一方でリークしているベンチマークによっては「snapdragon835」を搭載している可能性も。

現時点で複数の「ハイエンドモデル」の存在が確認されていますが、今回俗称「Xperia XZ1s」について新たな情報が入ったのでまとめたいと思います。



まさかの4Kに対応か?

 

ベゼルのスリム化が一つの特徴となる可能性がある次期「Xperia」ですが、先日公開された「Xperia XZ1 premium」のレンダリング画像では「Xperia XA1 Ultra」と非常に似たデザインになる可能性があるとされています。詳細は「俗称「Xperia XZ1 premium」の本体サイズが判明。超わかりやすい比較画像も公開にって話。」をご参照下さい。

「Xperia XZ1 premium」は「5.7インチ」の大型ディスプレイを搭載すると予測されていますが、一方では現行の「Xperia XZ1」などメインストリームの機種は、ベゼルのスリム化によって「5.4インチ」程度のディスプレイサイズを搭載すると予測されています。

今回、海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期メインストリームである俗称「Xperia XZ1s」のディスプレイについて興味深い投稿がされていることが判明しました。今回投稿された内容が以下のものになります。

I have many acurate info than you and inacurate info than you
new 4K 5.46 inch phone is very acurate, 100% 

今回の投稿した人物は、直近において、めちゃくちゃな情報を投稿しており、ESATO内で地味に叩かれている人物になっています。つまり情報の信憑性はかけることになりますが、今回の情報は特に自信があるようで、次期Xperiaの「5.46インチ」モデルの表示解像度は「4K」に対応しているとしています。

つまりメインストリームの機種も「4K」になるということは、少なくとも2018年に登場が予測されているハイエンドモデルのほとんどは「4K」に対応していることになります。さすがに「ハイエンドモデル」の多くが「4K」に対応することは正直考えにくいです。

何より「Xperia XZ1 premium」のプレミアム感がそれこそ失われてしまいます。また先日の情報では、次期「Xperia」の一部はジャパンディスプレイのディスプレイを採用するとされています。この情報によれば、メインストリームのディスプレイサイズにぴったりな「有機ELディスプレイ」の開発も進めていることが判明しています。詳細は「次期「Xperia」。ジャパンディスプレイ製「有機ELディスプレイ」搭載なら「5.5インチ」かもって話。」をご参照下さい。

仮にこの情報通り、「有機ELディスプレイ」を搭載した場合、4Kに対応することは非常に考えにくいです。またその実在が確認されている「ハイエンドモデル」の一部の表示解像度は「FHD」となっており、今回の4Kに対応という情報もあまり信憑性がないと考えることができます。

ただ良くも悪くも、このような情報は面白いですよね。ユーザーの多くはより正確な情報を求めると思いますが、時にはワクワクさせてくれる、もしくは何か期待させてくれるようなデマ情報があってもいいと思います。前回の記事も、ワクワクさせてくれるようなリーク情報となっています。詳細は「期待したくなる。俗称「Xperia XZ premium」のベンチマークがこうだといいなって話。」をご参照下さい。

ここ最近の情報の多くは、一貫性にかけることからも半分程度はやはり噂程度と考えたほうが無難です。それでも尚リーク情報は気になります。続報に期待しましょう。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧