• HOME
  • ブログ
  • 2018
  • 「Xperia XZ premium」の後継機種はあまり期待できないかもって話。

「Xperia XZ premium」の後継機種はあまり期待できないかもって話。

情報が錯綜しているせいもあり「Xperia XZ premium」の後継機種の登場時期は判然としない状況にあります。一部情報では、MWC2018になると予測されている一方でIFA2018になるとの予測されています。スペックに関してもちょっと情報が錯綜しており、まずは「Xperia XZ premiumの後継機種についてまとめるって話。」をご参照下さい。

確証的な情報はありませんが、「ハイエンドモデル」は合計3モデルある可能性があるとしています。そのうちの一つである「Xperia XZ premium」の後継機種と思われる端末の詳細なスペックがリークしたのでまとめたいと思います。



純粋な後継機種かな?

 

現在判明している3モデルのおおまかな概要は「次期Xperiaは「2K」が1モデルに「4K」が2モデルになるかもって話。」をご参照下さい。この上で今回のリーク情報を見ていきたいと思います。まず基本スペックは「5.7インチ」で表示解像度は「4K HDR」となっており、RAMが「4GB」でストレージが「64GB」となっています。「Android8.0」を搭載しており、電池容量は「3420mAh」となっています。

今回の情報で初見となるのが発売時期が「2018年上半期」となっていることです。一方で先日までの情報と異なることが「snapdragon845」ではなく「snapdragon835」を搭載していることです。つまり先日リークしたモデルと「表示解像度」以外は全く同じ仕様となっていることです。単純に考えれば、「表示解像度」の違いだけで2モデルを導入することは考えにくいので、何かしらの情報が間違っていることになります。

登場時期が2018年上半期であることを考えれば、最低でも「snapdragon845」は搭載してほしいところ。また4kビデオの「60fps」が「snapdragon835」は対応してないことから、仮に「Xperia XZ premium」の後継機種として登場するのであれば、「snapdragon835」では最大限「4K」の魅力を発揮できないことになります。そのほか、「USB-C」に対応や「Bluetooth5.0」の対応など、「Xperia XZ premium」で対応していた仕様はそのまま継承していると考えることができます。



「ベゼルレスデザイン」にはなっているかも。

 

今回の情報では、本体サイズが「149×74×7.5mm」となっています。ちなみに「Xperia XZ premium」の本体サイズは「156×77×7.9mm」となっており、一方でメインストリームである「Xperia XZ1」の本体サイズは「148×73×7.4mm」となっています。このことからも本体サイズは「Xperia XZ premium」よりかなり小さく、「Xperia XZ1」とほぼ同じ大きさだと言えます。

簡単にイメージするとすれば「iPhone8」と「iPhone X」のような感じです。「Xperia XZ1」と同等の大きさで「Xperia XZ premium」以上のディスプレイを搭載するにはやはり「ベゼルレスデザイン」を採用する必要性があり、本体サイズを考慮すれば、アスペクト比は少なくとも「16:9」ではないと考えることができます。ただ一部情報と矛盾している点もあります。詳細は「次期「Xperia」のアスペクト比が「16:9」を存続させるメリットは何って話。」をご参照下さい。

今回の情報では判断することはできませんが、大きな特徴の一つでもある「カメラ」の刷新を期待することはできますが、基本スペックに大きな変更はなく、むしろ大きな変更点は「ベゼルレスデザイン」のみになりそうな予感もします。「Galaxy S8」シリーズなどの発売によって大きなトレンドとなっている「ベゼルレスデザイン」ですが、大きく賞賛されている一方で、否定的な意見もあります。

また海外メディアから「Xperia」のベゼルの太さは、かなり批評ですが、あくまでも他の「ベゼルレスデザイン」を採用しているデバイスと比較した場合の話であって、逆に言えば、常に「Xperia」などを使ってきたユーザーからすれば全く気にならないという意見も多いのが現状です。

Androidのほうでは、「ベゼルレス」かそうではないかで大きく評価が別れてしまっていますが、一方で「iPhone X」の登場でそこまで騒がれていませんが「iPhone8 Plus」や「iPhone8」のベゼルの太さはなんで誰も批判しないんだろうと思ってしまいます。このことからも、大きなスペックの変更点はなく「ベゼルレスデザイン」の採用に伴う「アスペクト比」の変更のみであれば、ほとんど代わり映えがしないということもできます。

「デザイン」は端末を選択する上での大きな要素の一つでもありますが、少なくともファンからすれば「デザイン」以上に「スペック」のほうが気になると考えることができます。今回の情報にどれだけの信ぴょう性があるか判然としませんが、「Xperia XZ premium」の後継機種に過度の期待は避けたほうが無難だと考えられます。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧