• HOME
  • ブログ
  • 2017
  • 結局のところ。「iPhone8」と「iPhone X」のどちらがいいのかって話。

結局のところ。「iPhone8」と「iPhone X」のどちらがいいのかって話。

販売が歴代iPhoneの中でも不調といわれている「iPhone8」シリーズと大幅なデザイン変更や新たな生体認証である「Face ID」を搭載している「iPhone X」と、その売れ行きは両極端な結果となっています。「iPhone6」以降、デザインがほぼ4年間変更されていない「iPhone8」シリーズがいくら「ワイヤレス充電」を搭載したからといっても、売上に大きな貢献ができないのは正直なところ当たり前ったら当たり前の話です。

しかしながら、「デザイン」面や一部機能面においては大きな違いがある「iPhone8」と「iPhone X」。使い勝手においてはまた別の話になります。今回は海外サイトであるPhone Arenaが比較したレビュー記事を公開したので簡単にまとめたいと思います。



 

デザイン上ではそこまでの評価の差はない。

 

やはり「iPhone8 Plus」の本体の大きさと重さは気軽にポケットに入れて持ち運べるという観点では、「大きすぎる」とマイナス評価になっていますが、いくらベゼルレスデザインを採用した「iPhone X」でも叶わない大きなディスプレイを搭載していることが大きなメリットの一つでもあると評価しています。

この点で考えれば、「iPhone8」が最も小さく、最も軽いiPhoneと評価していますが、逆に言えば、これ以外のメリットがないようにも見えます。本体の仕上げに関して、「iPhone8」と「iPhone8 Plus」は、両側の「ガラス」を従来と同じく「アルミ」製のフレームで囲んでいますが、一方で「iPhone X」は、ステレンススチールのフレームで囲んでいます。

質感、そして見た目としてはどちらが優位ということはなく、どちらも高評価としており、この点において評価の差はないと考えられます。「iPhone X」といえば、「有機ELディスプレイ」を搭載したのが注目の新機能の一つですが、最大光度である「nits」で比較した場合、「iPhone8」が最も高く「663nits」で、「iPhone X」は「647nits」と画面の明るさという点だけで考えれば「iPhone8」のほうが上になります。

ちなみに、「iPhone8 Plus」は「567nits」となっています。ディスプレイサイズが異なるため単純な比較はできませんが、数値上で判断する限り、「iPhone8 Plus」のディスプレイが一番暗く、「iPhone8」のディスプレイが一番明るいということになります。



 

ベンチマークで地味に差が。

 

「iPhone8」から「iPhone X」と3モデルとも共通して「A11 Bionic」を搭載しています。その上で、各種ベンチマークの結果をまとめたものが上記の画像になります。ちなみに「iPhone X」と「iPhone8 Plus」はRAMが「3GB」となっているのに大して、「iPhone8」はRAMが「2GB」となっています。

一見、「iPhone8」が劣りそうな感じもしますが、「iPhone8」のスコアがトップのベンチマークもあるためRAMによる影響はベンチマークの上ではそこまで影響がないと言えます。個人的には「iPhone X」がどうしてもプレミアムモデルというイメージが先行してしまうため、ベンチマークにおいても他の2モデルを先行してい欲しいと思ってしまいますが、実際にはそうはいきません。

それはそのはずです。同じチップを搭載しているためそこまでの差がつくことは考えにくいです。けどなんか残念な気持ちにもなります。次に「カメラ」見ていきたいと思います。「iPhone X」と「iPhone8 Plus」においては「デュアルレンズカメラ」を搭載してるため、この時点で「iPhone8」のカメラはちょっと劣っていることになります。

カメラの有名な評価サイトであるDxOMarkにおいて、「iPhone X」が「98」、「iPhone8 Plus」は「94」とちょっと差がつけられていますが、スペック上ではそこまでの差はなく、強いて言うなら「iPhone X」のほうには「望遠カメラ」に「光学式手ぶれ補正」が搭載されていることです。

 

ただシャッターのスピードなど、日常使う上で最も気にするところにおいては、上記の画像のように「iPhone8 Plus」のほうがいい結果になっています。このことからもトータルスコアで考えれば「iPhone8 Plus」と「iPhone X」のカメラにはそこまで差がないと考えたほうが無難かもしれません。

そして最後に「電池持ち」を確認したいと思います。ちなみに「iPhone X」が「iPhone」史上最大のバッテリーを搭載していることで下記のグラフをご確認下さい。

 

電池持ちに関しては「iPhone8 Plus」が一番良く、「iPhone8」と「iPhone X」がほぼ同じ結果になっています。「iPhone X」が「有機ELディスプレイ」を搭載していることが大きな足を引っ張る原因になっているとも考えられます。また充電時間においては「iPhone8」が一番早く、「iPhone X」が一番遅いという結果になっています。

これは逆に言えば当たり前の結果になっており、電池容量に比例して充電時間が遅くなるのは仕方ないことです。ざっとですが、今年発表されたiPhoneの比較をまとめてみました。結局のところどのiPhoneが一番いいのかははっきりとはいえません。

なぜなら、良いに求めるものがユーザーによって異なるからです。ただ個人的には「電池持ち」と「ディスプレイの大きさ」を求めているので、無意識のうちに手に持っているのが「iPhone8 Plus」となっており、「iPhone X」のディスプレイサイズにはちょっと不満も感じてしまいます。

だからこそ2018年に登場する次期「iPhone」の「Plus」モデルは非常に楽しみで、発売されたら即買いです。今回の記事が少しでも読者の方の参考になれば幸いです。

おしまい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧