「iPhone SE」の後継機種「iPhone SE2」は登場するのかって話。

「iPhone X」がベゼルレスデザインを採用し、本体の大きさはほぼ「iPhone8」と同じでありながら「5.8インチ」という大型ディスプレイを搭載することに成功しています。一方で2018年に登場する次期「iPhone」は、「5.8インチ」と「6.4インチ」と、現行の「iPhone8」と「iPhone8 Plus」に「ベゼルレスデザイン」を採用し、「ディスプレイサイズ」を大型化するという感じになりそうです。詳細は「2018年に登場する次期「iPhone」の噂をまとめてみたって話。」をご参照下さい。

つまり、次期「iPhone」は「ディスプレイサイズ」が大きくなることはあっても本体サイズが小さくなる可能性が低いと考えられます。ここでやはりその存在が重宝されてくるのが「iPhone SE」です。Appleによると、最も人気の高かった「iPhone5」シリーズのデザインを採用したとしており、その「ディスプレイサイズ」は「4.0インチ」です。

小型モデルとして人気が高い「iPhone SE」は2017年3月に容量構成に変更はあったもののアップグレードは行われていません。今回「iPhone SE」の後継機種「iPhone SE2」の噂をまとめたいと思います。

 


 

「iPhone SE」は最後の小型モデルに?

 

現在のティム・クックCEOは、在庫管理のエキスパートであることで有名です。もともと「iPhone SE」がなぜ登場したのか。小型モデルに需要があるから?「iPhone5」シリーズのデザインの人気が高かったから?真実は分かりませんが、「iPhone SE」が登場した経緯は「iPhone6s」シリーズの販売不振にあると言われています。

ようは「iPhone6s」用に製造して余っていたパーツを利用して「iPhone SE」として発売したとされています。現に「iPhone SE」の中身は「iPhone6s」に採用されているパーツを多く使っています。「iPhone SE」が発表された当時の最新機種は「iPhone6s」であったため、「iPhone6s」と同じスペックをこの小型モデルに詰め込むことができましたとアピールしていましたが。

つまりこの経緯を考慮すると、販売不振だった「iPhone」のパーツが余ってない限り「iPhone SE」の後継機種が出てくる可能性は低いと考えることもできます。中国を拠点においているアナリストであるPan Jiutang氏によれば、「iPhone SE」はApple最後の「4インチ」スマートフォンになり、終売になる前に購入するべきだと報告していることが判明したとしています。

3月に行われたサイレントアップデートにおいても容量構成が「32GB」と「128GB」に変更され、表面的には「128GB」という大型容量モデルが追加されたと見ることができますが、他のiOSデバイスの容量構成に合わせただけと考えることもできます。この流れだと「iPhone SE」は廃止の流れに見えてしまいますが、コンパクトモデル全体の中で5.1%以上のシェアを獲得していると言われています。つまり確実に需要があることが分かります。

 


 

「iPhone SE2」のリーク情報もある。

 

「iPhone SE」は終売になるという情報がある一方で、後継機種である「iPhone SE2」が登場するという情報もあります。しかも直近の話で、2018年1月には出荷が開始するとされています。まあ「出荷開始」なので、この情報が正しければ正式発表されるのは「3月」のイベントの時だと考えられます。

スペックに関してはディスプレイサイズは「4〜4.2インチ」に、「A10プロセッサ」、RAMが「2GB」、ストレージは「32GB」と「128GB」、バッテリー容量は約「1700mAh」、メインカメラが「1,200万画素」にインカメラが「500万画素」になるとしています。つまりエントリーモデルという立ち位置に変更はなく、ディスプレイサイズから「ベゼルレスデザイン」は採用されないと考えることができます。

またこの「iPhone SE2」のデザインは「iPhone7」がベースのデザインになるとされています。なので「Touch ID」は継続。もちろん「Face ID」は搭載されないと考えたほうが無難です。「iPhone SE」の時は「iPhone6」シリーズのスペックを、「iPhone SE2」は「iPhone7」シリーズのスペックをという感じで、2年に1回くらいのペースでアップデートしてくれると嬉しいのですが。製造場所に関しては「iPhone SE」と同じく、「インド」になるとの多くのアナリストが予測しています。

 

最後に

 

歴代のiPhoneの中でも極めて良心的な価格設定になっている「iPhone SE」ですが、搭載されているCPUは「A9」チップです。つまり「iOS」のアップデートは3年しか保証されていないため、次期「iOS12」にはアップデートできない可能性が高いと考えることができます。このタイミングで単純に終売にしてしまうのか、それとも後継機種を発表するのか、今から非常に楽しみです。

 

おしまい。


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧